ロゴ

Zoom & Focus

モニター付カメラ

L-860 モニター付カメラ

税込価格 166,320円

L-860
撮像素子 1/3" CMOSイメージセンサ
有効画素数 1920×1080(200万画素)
保存画素数 静止画:1920×1080(200万画素)
動画:1920×1080(200万画素)
記録ファイル形式 静止画:JPG /動画:AVI
記録媒体 SD / SDHCメモリーカード(最大32GB)
フレームレート 最大30fps
レンズマウント Cマウント
モニター グレア(光沢)液晶 IPS方式
サイズ:11.6型ワイド
解像度:1920×1080(200万画素)
ソフトウェア 専用OS搭載
基本機能: プレビュー、静止画・動画撮影
表示機能: デジタルズーム(1~10倍) 画像反転、画面固定、白黒表示、ライン表示、HDR表示
調整機能: 露出、ホワイトバランス、周波数、ガンマ、コントラスト、彩度、明度、シャープネス、ノイズ軽減、RGB
電源 DC12V(ACアダプター付)
消費電力 7.8W
外形寸法 282(W)×202(H)×62(D)mm(突起物含まず)
重量 710g

■ワイヤレスマウス・SDHCメモリーカード(4GB)・ACアダプター付

取扱説明書(PDF)

フルHDモニターとカメラを一体化
パソコン不要のオールインワンカメラ

11.6型フルHDモニターを搭載し、フルHD画質で観察できます。

電源ONから約5秒で高速起動。準備に時間がかからず、すぐにお使いいただけます。

ワイヤレスマウスによる操作で手ブレがありません。

メインメニュー ラインメニュー 画像メニュー 組み合わせセット

メインメニュー

撮影やズームなど、主な操作を行います。

  • ズームインズームイン
  • ズームアウトズームアウト
  • 垂直反転垂直反転
  • 水平反転水平反転
  • 表示画像のロック表示画像のロック
  • モノクロ表示モノクロ表示
  • HDR表示HDR表示
  • 画像比較画像比較
  • 静止画撮影静止画撮影
  • 動画撮影動画撮影
  • プレビュープレビュー
  • SDフォーマットSDフォーマット

ズームイン

アイコン長押しで、デジタルズームで画像を拡大/縮小します。

1~10倍まで、無段階に調整できます。

1.0倍
5.0倍
10倍

ズーム時、画面をドラッグすると、見切れた範囲を表示できます。

画像反転

通常画像
垂直反転
水平反転
垂直水平反転

表示画面のロック

現在の表示画像を固定します。
固定時には他の操作は行えません(デジタルズーム、ラインマーカー表示を除く)。
他の操作を実行しようとすると、画面中央に「FREEZED」と表示されます。
固定画像の保存はできません。一時的な保持に使用してください。
アイコンを再度クリックすると、ロックが解除されます。

モノクロ表示

画像を白黒で表示します。
画面左下に「B&W MODE」と表示されます。
アイコンを再度クリックするとカラー表示に戻ります。

モノクロ前
モノクロ後

HDR表示

画像をHDRで表示します。
HDR(ハイダイナミックレンジ):画像の明暗の差を少なく表示し、画像の白とびや黒つぶれを抑える機能です。
アイコンを再度クリックすると、通常表示に戻ります。

HDR前
HDR後

画像比較

表示中の画像と保存画像を比較します。
アイコンをクリックすると、下図①のような画面に切り替わります。
保存画像が最新のものから順に一覧で表示されます。
比較したい画像をクリックすると下図②のように2画面表示に切り替わります。

ホーム
画面へ
前へ
次へ
削除

前へ
戻る
次へ

※2画面表示時は表示範囲が半分になります。
画像をドラッグして、表示範囲を調整してください。

静止画撮影

静止画を撮影します。
撮影後、保存ファイル名が画面中央に表示されます。
ファイル名には、撮影した「年月日、時間」が反映されます。

※時刻の設定方法はこちらをご参照ください。

動画撮影

動画を撮影します。
動画撮影中は、画面右下に撮影経過時間が表示されます。他の機能は使用できません。
アイコンを再クリックすると、撮影を終了します。

プレビュー

保存した画像/動画を一覧で表示します。

プレビュー

画像をクリックすると、画像を画面全体で表示(動画の場合は再生)します。

削除

画像を右クリックすると選択した画像を消去します。
YES/NO の選択肢が表示されるため、YESを選択し、画像を消去してください。
削除アイコンをクリックすると、複数の画像の一括削除が可能です。

SDカードフォーマット

SDカードのフォーマットを行います。
初めて本機に使用するSDカードの場合は、まずフォーマットを実施してください。
フォーマットを実施すると、SDカードに保存されているデータはすべて消去されます。

  • アイコンをクリック
  • YESを選択
  • フォーマット

ラインメニュー

画面上に表示させるラインマーカーの設定を行います。

  • センターマークの表示/非表示センターマークの表示/非表示
  • ライン色の変更ライン色の変更
  • ラインパターン選択ラインパターン選択
  • ラインを上/右方向へ移動ラインを上/右方向へ移動
  • ライン選択ライン選択
  • ラインを下/左方向へ移動ラインを下/左方向へ移動
  • ライン表示/非表示ライン表示/非表示
  • ラインパターンの保存ラインパターンの保存
  • ライン幅の変更ライン幅の変更
  • センターマークの大きさ変更センターマークの大きさ変更

ラインマーカーの表示方法

1

をクリックし、ラインマーカーを表示します。

2

表示パターンは保存できますが、先に保存先(A~H)を決定する必要があります。
当初は、A~H すべての保存先に上図のようにV・H 8本ずつ等間隔にならんだパターンが用意されています。
適宜移動や非表示にして、よく使うパターンを任意の保存先に保存して利用してください。

をクリックし、表示パターンの保存先(A~H)を決定します。

※クリックするたびに、アイコンのアルファベットがA~H に切り替わります。

3

各ラインをドラッグして、ライン位置を調整します。
太さ、色、位置の微調整など詳細設定は次ページをご参照ください。

4

ライン表示を終了するときは、をクリックします。


各種操作について

リセット
アイコンをクリックすると、設定を初期値に戻します。
調整バーの場合
バーのつまみ部分をドラッグするか、バーの左右の矢印をクリックするかします。
チェックボックスの場合
ボックス内をクリックすると、チェックマークが入り、選択できます。

画像調整メニュー

色合いや明るさなどの調整を行います。

露出オート
露出オート
露出の自動調整の on/off を切り替えます。
露出時間
露出時間
露出時間を手動で調整できます。露出オートが on になっているときは使えません。
オートホワイトバランス
オートホワイトバランス
Auto:自動調整の on/off を切り替えます。
Onepush: オートでは色合いが不自然な場合に、白紙などを全面にとらえた状態でOnepush ボックスをクリックすると、その時点の撮影物の色を白色として取り込み、自然な色合いに補正できます。自動調整は off になります。
周波数
周波数
電源周波数を設定します。蛍光灯のちらつき等が発生する場合に有効です。ご使用地域の電源周波数(50Hz/60Hz)に合わせてください。
ガンマ
ガンマ
ガンマ補正を行います。色合いを変更できますが、本機はカメラとディスプレイが一体であるため、通常は必要ありません。
コントラスト
コントラスト
 
彩度
彩度
画像の色の濃さを調整します。
明るさ
明るさ
像の明るさを調整します。露出オート が off になっているときは使えません。露出時間で明るさを調整できます。
シャープネス
シャープネス
画像のエッジ(輪郭)の強調度合いを調整します。
ノイズ低減
ノイズ低減
画像ノイズを低減します。
色合い(レッド/グリーン)
色合い(レッド/グリーン)
赤色/緑色のバランスを調整し、色合いを変更します。ホワイトバランスの自動調整時には設定できません。
色合い(ブルー/グリーン
色合い(ブルー/グリーン)
青色/緑色のバランスを調整し、色合いを変更します。ホワイトバランスの自動調整時には設定できません
時刻設定
時刻設定
現在時刻を設定をします。
ボックス内には左から、「年・月・日 時・分・秒」が入ります。ボックス上下の矢印をクリックし、時刻を設定します。
時刻は撮影画像のファイル名に反映されます。