ホーザン株式会社ロゴ

F-110-1
表面抵抗計(電極なし)

F-110の本体。
測定物によっては別売電極が必要です。

表は横にスクロールできます

外形寸法 135(W)×68(H)×236(D)mm(突起部含まず)
重量 715g

■接続コード(2m)3本、ワニグチクリップ3個、SDカード、ACアダプター(充電用) 付


F-110-1-TA
表面抵抗計(校正証明書付)

商品に校正証明書・試験成績表・トレーサビリティーチャートが付属します。

※ご購入者名入り証明書を作成しますので、ご注文時に会社名等が必要です。

校正・修理について

取扱説明書

通信コマンド一覧表

パーツリスト

FAQ


静電気の基礎から静電気対策まで

静電気対策の森リンク

■製品動画

■交換部品

F-101
電極(2.3kg)

■入数:2個

■外形寸法:79mmφ×110mm(導電パット部63.5mmφ)

■重量:2.3kg(1個)

F-101-TA
電極(2.3kg)
(校正証明書付)

商品に校正証明書・試験成績表・トレーサビリティーチャートが付属します。

※ご購入者名入り証明書を作成しますので、ご注文時に会社名等が必要です。

校正・修理について

取扱説明書

F-110-2
接続コードセット

■ワニグチクリップ3個付

F-110-3
キャリングケース

■緩衝ウレタン付

■別売部品

F-110-4
電極(履物用)

F-110、F-110-5と組み合わせることで静電気対策用履物の抵抗値測定が可能。

※人体用の電極(F-110-5)が必要です。

■外形寸法:450(W)×37(H)×350(D)mm

■重量:2.1kg

■接続コード(2m)付

取扱説明書

F-110-5
電極(人体用)

F-110でのリストストラップや履物の抵抗値測定に使用する人体用電極。

※履物の測定には履物用電極(F-110-4)が必要です。

■外形寸法:φ25mm×150mm

■重量:110g

■コード長:500mm

取扱説明書

F-110-6
導電性テープ

表面に静電気対策コーティングを施したテープ。
F-110を使って静電気対策アイテムのバーコード管理をする際、絶縁物であるバーコードラベルを露出させずに覆うことが出来ます。

バーコードの生成ページをご用意しております。

■幅:15mm

■長さ:50m

■厚さ:0.07mm

■重量:80g

■ESD管理値:Rp≦1×108Ω以下

■材質:PET

■色:グレー(半透明)

F-104
絶縁シート

電気的な接続を遮断する絶縁シート。
測定物の下に敷くことで、より正確な測定が行えます。
コンパクトに収納可能なケース付。

■絶縁性能:点間抵抗 2×1012Ω≦Rp

■外形寸法:1000(W)×800(H)mm

■重量:400g

警告
感電防止を目的とした製品ではありません。
絶縁用保護具として使用しないでください。

取扱説明書

■関連製品

F-110
表面抵抗計

合否判定やデータ保存ができる高機能型表面抵抗計
静電気対策用アイテムの品質の維持・管理に

RCJS/JIS/IEC/ANSI規格に沿った静電気対策アイテムの抵抗値測定ができます。
測定範囲は設備(導電性カラーマット等)から人体(リストストラップ等)まで幅広いアイテムに対応しています。
閾値が自在に設定できる合否判定機能付(LED点灯/ブザー発音)で、社内管理値や規格値など用途に合わせてご使用いただけます。直感的に判断できるため現場作業者の方にも最適です。
測定結果はSDカードに保存出来、出力端子から直接パソコンへ出力することも可能です※1
また、市販のバーコードリーダーを接続することで、測定結果にバーコード情報を付加できます※2。測定対象と測定結果の紐づけができ、現場管理者の方の手間を大幅軽減できます。
本体内部に温湿度計(校正不可/参考値)を内蔵しており、測定結果に自動付加されます。
2種類の測定モード切替機能付き。(ホールド/常時測定モード切替式)
ホールドモードでは、規格で定められた測定時間(15秒後)で測定値をホールドし、5秒後に自動OFFします。

1 シリアル通信方式。こちらにコマンド一覧をご用意しております。
PCでのソフト、接続ケーブルはご用意しておりません。
ご自身でご準備ください。

2 バーコードの生成ページをご用意しております。

詳しくはこちら

静電気対策品について
静電気対策品には寿命があります。
導電性カラーマットなど静電気対策品には寿命があります。
時間とともに劣化し、抵抗値が上昇するため、日常点検を怠っていると、トラブルを引き起こす原因となってしまいます。
静電気対策品は管理、日常点検が必須です。
静電気対策の規格(RCJS、JIS、IEC、ANSI)では、静電気対策品の日常点検方法や管理方法、管理値(抵抗値)などについて定めています。
点検頻度については「静電気対策の森」をご確認ください。
点検に必要な計測器って?
点検には、規格に沿った計測器が必要です。
通常のデジタルマルチメータでは印加電圧が低く、測定できません。
絶縁抵抗計は印加電圧が高く、規格に沿った測定方法ではないため、正しい値が出ません。
F-110は規格に沿った点検が可能な計測器です。
静電気対策品をご使用の現場では、F-110による定期点検をお勧めします。
特に毎日の点検が要求されるリストストラップや履物は、その場で使用可否がわかる合否判定機能付が便利です。