ロゴ

静電気対策の森

ロゴ

 

人体の対策(履物)

管理抵抗値

履物は人体/履物/床システム(実際の使用環境と同じ条件で測定をする)で管理をすることが要求されています。

管理抵抗値は「Rg<1×109Ω」、及び人体電位<100V(5個の最高点の平均をとり管理)とされています。

ただし、現在規格で定められている人体/履物/床システムは、現実的に測定することが難しいため、人体/履物と床の抵抗値がそれぞれ規格値内かどうかを確かめる管理方法が現実的かと思います

  • EPAグラウンド抵抗(Rg):1×105Ω /(片足)≦Rg<1×108Ω (人体/履物)
  • EPAグラウンド抵抗(Rg):≦Rg<1×109Ω (床)※

(RCJS-5-1)

※人体接地の基本的な方法として、履物/床システムを使用する場合の下限抵抗値は、人体安全性を考慮してESDコーディネーターが決定する

※人体の主要グラウンド経路であるリストストラップの管理抵抗値の上限が3.5×107Ωであるため、人体/履物、床の抵抗値上限も、3.5×107Ωで管理することが望ましいです。

計測方法

人体/履物/床システムの計測方法および計測器については、JIS C 61340-4-5を参照ください。

人体/履物+床で管理する場合は、JIS C 61340-4-1およびJIS C 61340-4-3を参照ください。

当社製品

当社でも規格に即した測定ができる計測器や記録用紙をご用意しております。

記録用紙ダウンロードはこちら 人体の対策の概要についてはこちら