ロゴ

静電気対策の森

ロゴ

 

設備の対策(作業表面・保管棚・トロリー・カート)

管理抵抗値

作業表面・保管棚・トロリー・カートは、点間抵抗とEPAグラウンド抵抗の2種類の抵抗値で管理することが定められています。

  • 点間抵抗(Rg):1×104≦Rp≦1×1010
  • EPAグラウンド抵抗(Rp):7.5×105≦Rg≦1×109

(RCJS-5-1)

計測方法

計測方法および計測器については、RCJS-5-1 附属書Jに定められています。

●計測器

計測器 測定範囲 1×103 ~ 1×1013Ω
精度 ±20%
開回路電圧 1×106Ω≦R・・・
100V±5%
R<1×106Ω・・・
10V±5%
プローブ 全質量 2.5 ± 0.25kg
導電性電極 直径 63.5 ± 1mm
硬度 ショアA:
50-70
(標準的な厚さ 3mm)
プローブ内部の絶縁被覆された電線※1の抵抗値 1×1013Ω<R
金属部と電極部を隔てる絶縁体※2の抵抗値 1×1013Ω<R
プローブ2個を金属板に置いた場合のプローブ間の抵抗値 R<1×103Ω

●点間抵抗(Rp)の計測方法

  • ・試料を試験する表面を上にして試験支持台の上に置く
  • ・プローブは試料端から50mm以上離れた位置に置く
  • ・プローブ間の距離は250mm以上離した状態(下図)で計測する
  • ・10Vの電圧を加え、15秒後に読み取り記録する
  • ・表示された抵抗値が 1.0×106Ω以上であれば、100Vの電圧を加え15秒後に読み取り記録する

●EPAグラウンド抵抗(Rg)の計測方法

  • ・試料にはグラウンド可能接続点を設ける
  • ・試料を試験する表面を上にして試験支持台の上に置く
  • ・プローブを試料、またはグラウンド可能接続点から50mm以上離れた位置に置く
  • ・計測器の片方のリードをプローブに、もう片方のリードをグラウンド可能接続点に接続する
  • ・10Vの電圧を加え、15秒後に読み取り記録する
  • ・表示された抵抗値が 1.0×106Ω以上であれば、100Vの電圧を加え15秒後に読み取り記録する

当社製品

当社でも規格に即した測定ができる計測器や記録用紙をご用意しております。

記録用紙ダウンロードはこちら 設備の対策の概要についてはこちら