ホーザン株式会社ロゴ

RoHS指令とは、EU加盟国において、電気電子機器(EEE※1)を対象として有害物質の使用を制限し、それらの機器の回収とリサイクルの促進を通して人の健康と環境の保護に貢献することを目的に制定された指令です。

※1 電気電子機器(EEE)とは、電流や電磁場に機能を依存をする機器のことで、定格電圧が交流で1000V未満、直流で1500V未満のもの。

4種のフタル酸エステル類追加

現RoHS指令では、鉛(Pb)、水銀(Hg)、カドミウム(Cd)、六価クロム(Cr(Ⅵ))、ポリ臭化ビフェニル(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)の6物質が制限対象物質として規定されているが、新たに4種類のフタル酸エステル類が追加されることが決定しました。

【表1】 制限物質 最大許容濃度 カテゴリ(詳細はこちら
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
  6物質 カドミウム(Cd) 0.01wt%(100ppm) 2006/7/1 2014/7/22
(一部は2016/7/22 2017/7/22より適用開始)
2006/7/1 2019/7/22
鉛(Pb) 0.1wt%(1000ppm)
水銀(Hg) 0.1wt%(1000ppm)
六価クロム(Cr(Ⅵ)) 0.1wt%(1000ppm)
ポリ臭化ビフェニル(PBB) 0.1wt%(1000ppm)
ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE) 0.1wt%(1000ppm)
10物質 フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)(DEHP) 0.1wt%(1000ppm) 2019/7/22 2021/7/22 2019/7/22
フタル酸ブチルベンジル(BBP) 0.1wt%(1000ppm)
フタル酸ジブチル(DBP) 0.1wt%(1000ppm)
フタル酸ジイソブチル(DIBP) 0.1wt%(1000ppm)
各カテゴリの詳細はこちら

日本からEU加盟国へ輸出される規制対象の製品は、適用時期までに規制への対応をすませる必要があります。
また、それら規制対象製品の生産現場においては、RoHS規制物質の混入(コンタミ)を防ぐためにコンタミネーションコントロールが行われています。
このような理由により、生産現場で使用される消費材についてもRoHS規制適合への要求は高まりつつあります。
当社では徹底した品質の維持、管理体制のもとRoHS規制への適合と情報の開示を積極的に進めています。

RoHS規制適合製品

RoHS規制適合状況

規制対象製品

カテゴリ1~11の電気電子機器(EEE)を対象として適用されます。
従来は適用対象外であったカテゴリ11が新たに適用対象として追加されました。

【表2】
カテゴリ 製品群 適用開始日
規制6物質 規制10物質
1 大型家電 2006/7/1 2019/7/22
2 小型家電
3 ITおよび電気通信機器
4 民生用機器
5 照明器具
6 電気および電子機器
7 玩具、レジャー、スポーツ用品
8 医療機器   2014/7/22 2021/7/22
対外診断用医療機器 2016/7/22
9 工業用監視制御機器を含む監視制御機器   2014/7/22
工業用、産業用 2017/7/22
10 自動販売機 2006/7/1 2019/7/22
11 上記のカテゴリに含まれない電気電子機器  

下記のものは適用対象外

  • (a) 加盟国の安全保障の本質的な利益を保護するために必要な装備、特に軍事目的のための武器、弾薬および軍需物資。
  • (b) 宇宙に送ることを目的に設計された機器。
  • (c) この指令の範囲に含まれない、または除外される機器の一部として、 その機器の一部である場合に限りその機能を果たすことができるよう設計、設置される機器、またはその交換部品として特別に設計された機器。
  • (d) 大型据付型産業用工具。
  • (e) 大型固定設備。
  • (f) 人または物の輸送手段(型式承認されていない電動二輪車を除く)。
  • (g) 道路通行用ではない移動機械(業務利用に限定)。
  • (h) 能動植込み型医療機器。
  • (i) 太陽電池パネル(公共、商業用、産業用および住宅用に特定の場所で恒久的に使用するために専門家によって設計、組立、設置されたもの)
  • (j) 研究開発のみを目的として特別に設計された機器で、企業間取引でのみ利用されるもの。
  • (k) パイプオルガン

一部技術的に代替が困難な物質や用途については、期限付きで適用除外が認められており、AnnexⅢとAnnexⅣにその用途と時期がリスト化されています。