メカニックアカデミーメインロゴ
TOP

カセットスプロケット & フリーホイールの着脱

必要な工具

ここでは、外装式変速機を装備したフリーホイール(カセットスプロケット)、シングルスピードやBMXタイプのフリースプロケットの着脱方法について解説しています。

ハブシステムの種類

リア用スプロケットは、一般的に以下の2つの手法によってハブに取り付けられています。

【フリーハブ】

近年では、カセットハブと呼ばれるタイプが主流で、「フリーボディー」と呼ばれるラチェットシステムがハブ本体に取り付けられています。
これにより、ペダルを踏んだ時はシステムがロックされ、ハブに駆動力が発生します。
またペダルを踏まずに惰性で走行する場合はロックが解除され、ハブが空転する仕組みです。
フリーボディーの外側にはスプラインと呼ばれる溝があり、カセットスプロケットがこの溝に沿って取り付けられています。
フリーボディーとカセットスプロケットは専用のロックリングで固定されていますが、フリーボディーはカセットスプロケットが外れてもハブ本体からは外れません。
現在では、このようなフリーハブシステムが多く採用されています。

【フリーホイール】

旧式のシステムでは、スプロケットとラチェットシステムが一体となっている
「フリーホイール」と呼ばれる部品をハブ本体にネジで固定する仕組みになっています。

リア用スプロケットを取り外す際は、いずれのハブシステムが採用されているかを確認し、それぞれに適合した専用工具が必要になります。
これらの部品は、着脱に際してそれぞれの部品に適合した工具を選択する必要があり、非常に似かよった形状の工具が多数存在するため、
異なる工具を使用して作業した場合、部品を損傷させる恐れがありますので、使用する部品と工具をしっかりと確認してください。

以下は、各ブランドとフリーシステムの一覧となります。
それぞれの部品の形状や特徴などによって、様々な専用工具が存在します。

FR-1.3
ブランド:シマノ
システム:フリーホイール
特徴:12スプライン、約23mmφ
FR-2
ブランド:サンツアー
システム:フリーホイール
特徴:2つ爪、25mmピッチ
FR-3
ブランド:サンツアー
システム:フリーホイール
特徴:4つ爪、24mmピッチ
FR-4
ブランド:アトム、レジナ
システム:フリーホイール
特徴:20スプライン、約21.6mmφ
FR-5.2(FR-5G)
ブランド:シマノ、スラム、その他
システム:フリーハブ
特徴:2スプライン、約23.4mmφ
多くのメーカーが採用
FR-6
ブランド:BMXタイプ
システム:フリーホイール
特徴:12スプライン、約23mmφ
FR-7
ブランド:ファルコン
システム:フリーホイール
特徴:12スプライン、約23mmφ
シマノ用と酷似しているが工具の色がシルバー
FR-11(BBT-5)
ブランド:カンパニョーロ
システム:フリーハブ
特徴:12スプライン、約22.8mmφ
カンパニョーロ専用
FR-8
ブランド:コンパクトシングルスピードタイプ
システム:フリーホイール
特徴:30mmボス対応
シングルスピード用フリーホイールに多く採用

以下のような、旧式のフリーホイールに適合した工具は、現在のところ入手が大変困難と言えます。
このようなケースでは、フリーホイールの取り外し自体を考慮しておらず、下図のように工具を取り付ける事が出来るであろう部位は、大変薄くて浅いために工具やフリーホイール自体を破損させてしまう恐れがあります。
このような場合、破損したフリーホイールの取り外し方をご参照ください。

このような旧式のシングルスピード用フリーホイールは、取り外しが大変困難です。
このタイプのフリーホイールは、そもそも取り外すための
工具を取り付ける場所がありません。

カセットスプロケットロックリングの着脱
シマノ、カンパニョーロ、スラム、サンツアー、サンレース、クリスキング、DT-Hugiなど

左図のような形状の場合、ロックリングを使用して取り付けるカセットスプロケットシステムとなります。

現在のカセットスプロケットシステムでは、全てのスプロケットがフリーボディーにあるスプライン(溝)に沿って取り付けられています。
全てのスプロケットは、フリーボディーのスプライン上に収まっており、最も小さいスプロケットの外側に位置する専用のロックリングによってフリーボディーに固定されています。
ロックリングは、時計方向に回すとスプロケットを固定し、半時計方向に回すと緩める仕組みになっています。
ロックリングを締めたり緩めたりする際、「カリカリ」といった音が鳴るようになっています。
これはロックリングが正しく動いている証拠となります。

【カセットスプロケットの取り外し】

  • 1. 作業をする自転車をリペアスタンドに固定し、リアホイールを取り外します。
  • 2. クイックリリースを取り外します。
  • 3. 使用されているカセットスプロケットとハブシステムを良く確認し、適合する工具を選択します。
  • 4. ロックリングに工具を取り付けます。
  • 5. 工具が取り外れないよう、クイックリリースを使用して固定します。この時、左右のリターンスプリングは取り外しておきます。
  • 6. 下図のようにスプロケットリムーバーを使用してスプロケットに時計方向の力が掛かるように保持します。モンキーレンチやフリーホイールリムーバーレンチを使用し、フリーホイールリムーバーを半時計方向に回転させ、ロックリングを緩めます。

【FR-5Gフリーホイールリムーバーの使用方法】

クイックリリースを取り外し、FR-5Gを取り付けます。
ロックリングに工具がしっかりと取り付けられているか確認し、スプロケットリムーバーでスプロケットが空転しないようにしっかりと保持しながらモンキーレンチやフリーホイールリムーバーレンチを使用してFR-5Gを半時計方向に回転させてロックリングを緩めます。

【カセットスプロケットの取り付け】

フリーボディーとスプロケットは、必ず特定の方向で取り付けられるように設計されています。そのため、スプロケットの取り付け方向に十分注意してください。

【フリーホイールの着脱】

フリーホイールの形状によって使用する工具が様々です。前述の主な適合部品に基づき、使用する部品対して正しい工具を選択するようにします。

  • 1. 作業をする自転車をリペアスタンドに固定し、リアホイールを取り外します。
  • 2. クイックリリースを取り外します。
  • 3. 使用されているカセットスプロケットとハブシステムを良く確認し、適合する工具を選択します。
  • 4. フリーホイールに工具を取り付けます。
  • 5. 工具が取り外れないよう、クイックリリースを使用して固定します。
    この時、左右のリターンスプリングは取り外しておきます。
    また、固定ナットハブの場合はロックナットを使用して工具を固定します。
  • 6. モンキーレンチやフリーホイールリムーバーレンチを使用してフリーホイールリムーバーを半時計方向に回転させます。
  • 7. 約1回転したところで、クイックリリースやロックナットを取り外し、引き続きフリーホイールリムーバーを半時計方向に回転させ、フリーホイールを完全に取り外します。
これらのフリーホイールには、主にFR-1.3 フリーホイールリムーバーを使用します。

【フリーホイールの取り付け】


いくつかのブランドのフリーホイールは、それぞれのスプロケットを固定するために特殊なロックリングを使用しているものがあります。
しかしながらこのような製品においては、これらのロックリングを取り外す必要はありません。
例えば、ロックリングを取り外すことによって、それぞれのスプロケットを個別に取り外す事ができますが、原則的にユニットとして組み立てられている以上、個別のスプロケット交換などは行う事ができません。
使用におけるスプロケットの消耗に関しては、フリーホイール単体での交換としなければなりません。

下図の左側のフリーホイールは実際にロックリングが存在しますが、使用する工具はフリーホイール用のFR-2を使用します。
一方で右側のフリーホイールはFR-1.3を使用します。

【旧式のカセットフリーハブの取り外し】

  • 1. 旧式のフリーハブの場合、上図のようにロックリングを使用していないものが存在します。これらのフリーハブには、フリーホイールリムーバーやロックリングツールのようなものは存在しません。このようなケースでは、最も小さなスプロケットがロックリングと同様の役割を持っています。
  • 2. 2本のスプロケットリムーバーを用意します。
  • 3. 1本目のスプロケットリムーバーを取り外すカセットスプロケットの2枚目か3枚目(小さなスプロケットから)に取り付け、時計方向の力が掛かるようにに保持します。
  • 4. 2本目のスプロケットリムーバーを最も小さなスプロケットに取り付け、半時計方向に回転させ緩めます。
  • 5. それぞれのスプロケットリムーバーに力を入れやすいよう、図のように工具が「X」の形になるように設置する事が望ましいでしょう。
  • 6. 2本目のスプロケットリムーバーを半時計方向に回転させ、最も小さなスプロケットが完全緩ませる事で、その他のスプロケットも取り外す事ができます。

【旧式のカセットフリーハブの取り外し】