ロゴ

Zoom & Focus

照明

照明による見え方の違い

照明はワークを明るく照らすだけではありません。照明の種類によって、得られる画像は大きく変わります。
ここでは照明ごとの特性、検査画像のイメージを紹介しています。検査の用途に応じた照明をお選び下さい。

表は横にスクロールできます

 
光を全体的に照射します。光量が足りない場合に適しています。 斜めや横方向からスポットで光を照射します。陰影をつけ、対象物を立体的に見せます。 (背面照射)
対象物の背面で発光しシルエットを写します。
垂直に光を照射します。平面が強調されるため、平面の傷・異物・汚れなどの確認に最適です。
対象物の背面から光を照射します。シルエットでの確認に適しています。
基板
拡散光で全体を均一に照らします。 陰影をつけ、凹凸を強調して映します。 陰影をつけ、凹凸を強調して映します。 光沢面のぎらつきを抑えます。
部品のキズやパターンの検査に最適です。
金属のフライス加工後
拡散光では表面の凹凸がつぶれるため適しません。 2方向からの横からの光により表面の凹凸を強調します。 1方向からの横からの光により表面の凹凸を強調します。 加工痕の輪郭を鮮明に映します。
光沢表面
(金属)
拡散光では表面の凹凸がつぶれるため検査に適しません。 2方向からの光により凹凸をわかりやすく映します。 1方向からの光により表面の仕上げを強調します。 刻印の輪郭を鮮明に映します。
凹凸部
(金属)
影が少なく検査に適しています。 輪郭に影が出来やすく、検査に適しません。 輪郭をシャープに表現。
計測ソフトでの測定用画像に最適です。
ネジピッチの輪郭を鮮明に映します。
凹凸部
(ドライカーボン)




均一な光で影が少なく立体的にみることができません。 2方向からの横からの光により表面の凹凸を強調します。 1方向からの横からの光により表面の凹凸を強調します。 影を発生させないため凹凸のある試料も平面的に見えてしまいます。

(窪み)
内部に影が発生するため、検査に適しません。 影の発生を抑え、検査を行えます。 内部に影が発生するため、検査に適しません。 奥まった部分にも均一に光が届きます。
半透明の材料
(宝石)
均一な拡散光でカット部分が強調され検査に適しています。 光自体が弱く色の濃い半透明なワークの検査には適しません。 バックライトとして使用すれば宝石内部の不純物確認に最適です。 平面に反射した光のみをカメラに戻すのでカットされた宝石の検査に適しています。
金属部品