電工試験の虎

過去問

TOP
※(財)電気技術者試験センターが作成した試験問題です。

平成29年度上期筆記試験過去問

【注】本問題の計算で√2、√3及び円周率πを使用する場合の数値は次によること。
√2=1.41、√3=1.73、π=3.14

問題-1

図のような回路で、端子a-b 間の合成抵抗[Ω]は。

問題
  • イ. 2.5
  • ロ. 5
  • ハ. 7.5
  • ニ. 15

問題-2

図のような交流回路で、電源電圧204 V、抵抗の両端の電圧が180V、リアクタンスの両端の電圧が96Vであるとき、負荷の力率[%]は。

問題
  • イ. 35
  • ロ. 47
  • ハ. 65
  • ニ. 88

力率cosθ
=抵抗Rにかかる電圧 / 電源電圧=180V / 204V
=0.882…
∴約88%

問題-3

A、B 2本の同材質の銅線がある。Aは直径1.6mm、長さ20m、Bは直径3.2mm、長さ40mである。Aの抵抗はBの抵抗の何倍か。

  • イ. 2
  • ロ. 3
  • ハ. 4
  • ニ. 5

問題-4

図のような交流回路で、負荷に対してコンデンサCを設置して、力率を100%に改善した。このときの電流計の指示値は。

問題
  • イ. 零になる。
  • ロ. コンデンサ設置前と比べて変化しない。
  • ハ. コンデンサ設置前と比べて増加する。
  • ニ. コンデンサ設置前と比べて減少する。

問題-5

図のような三相3線式200Vの回路で、c-o間の抵抗が断線した。断線前と断線後のa-o間の電圧Vの値[V]の組合せとして、正しいものは。

問題
  • イ. 断線前116 断線後100
  • ロ. 断線前116 断線後116
  • ハ. 断線前100 断線後116
  • ニ. 断線前100 断線後100

c-o間の抵抗が断線する前のa-o間の電圧は、
200 / √3=115.6…
∴116V
断線後のa-o間の電圧は200Vの電源電圧が2つの抵抗Rによって分圧されるので、
200/2=100
∴100Vとなります。

問題-6

図のように、電線のこう長10mの配線により、消費電力1500Wの抵抗負荷に電力を供給した結果、負荷の両端の電圧は100Vであった。配線における電圧降下[V]は。ただし、電線の電気抵抗は長さ1000m当たり5.0Ωとする。

問題
  • イ. 0.15
  • ロ. 0.75
  • ハ. 1.5
  • ニ. 3.0

問題-7

金属管による低圧屋内配線工事で、管内に直径2.0mmの600Vビニル絶緑電線(軟銅線)2本を収めて施設した場合、電線1本当たりの許容電流[A]は。ただし、周囲温度は30℃以下、電流減少係数は0.7とする。

  • イ. 19
  • ロ. 24
  • ハ. 27
  • ニ. 35

問題-8

図のように、三相の電動機と電熱器が低圧屋内幹線に接続されている場合、幹線の太さを決める根拠となる電流の最小値[A]は。ただし、需要率は100%とする。

問題
  • イ. 70
  • ロ. 74
  • ハ. 80
  • ニ. 150

問題-9

低圧屋内配線の分岐回路の設計で、配線用遮断器、分岐回路の電線の太さ及びコンセントの組合せとして、不適切なものは。
ただし、分岐点から配線用遮断器までは3m,配線用遮断器からコンセントまでは8mとし、電線の数値は分岐回路の電線(軟銅線)の太さを示す。また、コンセントは兼用コンセントではないものとする。

  • イ. 
  • ロ. 
  • ハ. 
  • ニ. 

問題-10

図のように定格電流50Aの配線用遮断器で保護された低庄屋内幹線からVVRケーブル太さ8mm2(許容電流42A)で低圧屋内電路を分岐する場合、a-b間の長さの最大値[m]は。ただし、低圧屋内幹線に接続される負荷は、電灯負荷とする。

問題
  • イ. 3
  • ロ. 5
  • ハ. 8
  • ニ. 制限なし

問題-11

金属管工事において、絶縁ブッシングを使用する主な目的は。

  • イ. 電線の被覆を損傷させないため。
  • ロ. 金属管相互を接続するため。
  • ハ. 金属管を造営材に固定するため。
  • ニ. 電線の接続を容易にするため。

問題-12

白熱電球と比較して、電球形LED ランプ(制御装置内蔵形)の特徴として、誤っているものは。

  • イ. 寿命が短い。
  • ロ. 発光効率が高い(同じ明るさでは消費電力が少ない)。
  • ハ. 価格が高い。
  • ニ. カ率が低い。

LED照明は他の照明器具と異なり、光を出すために熱を必要としないので、効率がよく消費電力が少なくて済みます。また、フィラメントなどの消耗部品がないため、寿命が長いことも特徴です。

問題-13

一般用低圧三相かご形誘導電動機に関する記述で、誤っているものは。

  • イ. じか入れ(全電圧)始動での始動電流は全負荷電流の4~8倍程度である。
  • ロ. 負が増加すると回転速度がやや低下する。
  • ハ. 電源の周波数が60Hzから50Hzに変わると回転速度が増加する。
  • ニ. 3本の結線のうちいずれか2本を入れ替えると逆回転する。

問題-14

コンクリート壁に金属管を取り付けるときに用いる材料及び工具の組合せとして、適切なものは。

  • イ. ホルソ カールプラグ ハンマ ステープル
  • ロ. 振動ドリル カールプラグ サドル 木ねじ
  • ハ. 八ンマ たがね ステープル コンクリート釘
  • ニ. 振動ドリル ホルソ サドル ボルト

ホルソは金属板の穴あけで使用します。ステープルはVVFケーブルを造営材に固定するのに使用します。カールプラグはサドル等をコンクリートに取付ける際に木ねじで固定し、使用します。

それぞれ用語集で解説しております。

問題-15

系統連系型の太陽電池発電設備において使用される機器は。

  • イ. パワーコンディショナ
  • ロ. 低圧進相コンデンサ
  • ハ. 調光器
  • ニ. 自動点滅器

問題-16

写真に示す工具の用途は。

  • イ. 金属管の切断に使用する。
  • ロ. ライティングダクトの切断に使用する。
  • ハ. 硬質塩化ビニル電線管の切断に使用する。
  • ニ. 金属線ぴの切断に使用する。

問題-17

写真に示す器具の名称は。

  • イ. 漏電警報器
  • ロ. 電磁開閉器
  • ハ. 漏電遮断器
  • ニ. 配線用遮断器(電動機保護兼用)

問題-18

写真に示す測定器の名称は。

  • イ. 検相器
  • ロ. 周波数計
  • ハ. クランプ形電流計
  • ニ. 照度計

問題-19

特殊楊所とその場所に施工する低圧屋内配線工事の組合せで、不適切なものは。

  • イ. プロパンガスを他の小さな容器に小分けする可燃性ガスのある場所 MIケーブルを使用したケーブル工事
  • ロ. 石油を貯蔵する危険物の存在する場所 600Vビニル絶縁ビニルシースケーブルを防護装置に収めないで使用したケーブル工事
  • ハ. 小麦粉をふるい分けする可燃性粉じんのある楊所 硬質塩化ビニル電線管VE28を使用した合成樹脂管工事
  • ニ. 自動車修理工場の吹き付け塗装作業を行う可燃性ガスのある楊所 厚鋼電線管を使用した金属管工事

問題-20

単相3線式100 / 200V屋内配線の住宅用分電盤の工事を施工した。不適切なものは。

  • イ. ルームエアコン(単相200V)の分岐回路に2極2素子の配線用遮断器を取り付けた。
  • ロ. 電熱器(単相100V)の分岐回路に2極2素子の配線用遮断器を取り付けた。
  • ハ. 主開閉器の中性極に銅バーを取り付けた。
  • ニ. 電灯専用(単相100V)の分岐回路に2極1素子の配線用遮断器を取り付け、素子のある極に中性線を結線した。

問題-21

使用電圧100Vの屋内配線の施設場所における工事の種類で、不適切なものは。

  • イ. 点検できない隠ぺい場所であって、乾燥した場所の金属管工事
  • ロ. 点検できない隠ぺい場所であって、湿気の多い場所の合成樹脂管工事(CD管を除く)
  • ハ. 展開した場所であって、湿気の多い場所のケーブル工事
  • ニ. 展開した場所であって、湿気の多い場所のライティングダクト工事

問題-22

同ー敷地内の車庫へ使用電圧100Vの電気を供給するための低圧屋側配線部分の工事として、不適切なものは。

  • イ. 600V架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(CV)によるケーブル工事
  • ロ. 硬質塩化ビニル電線管(VE)による合成樹脂管工事
  • ハ. 1種金属製線ぴによる金属線ぴ工事
  • ニ. 600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形(VVR)によるケーブル工事

問題-23

D種接地工事の施工方法として、不適切なものは。

  • イ. ルームエアコンの接地線として、直径1.6mmの軟銅線を使用した。
  • ロ. 単相100Vの電動機を水気のある場所に設置し、定格感度電流30mA,動作時間0.1秒の電流動作型漏電遮断器を取り付けたので、接地工事を省略した。
  • ハ. 低圧電路に地絡を生じた場合に0.5秒以内に自動的に電路を遮断する装置を設置し、接地抵抗値が300Ωであった。
  • ニ. 移動して使用する電気機械器具の金属製外箱の接地線として、多心キャブタイヤケーブルの断面積0.75m2の1心を使用した。

問題-24

低圧電路で使用する測定器とその用途の組合せとして、誤っているものは。

  • イ. クランプ形電流計と負荷電流の測定
  • ロ. 回路計(テスタ)と導通の確認
  • ハ. 検相器と電動機の回転速度の測定
  • ニ. 検電器と電路の充電の有無の確認

問題-25

低圧屋内配線の絶緑抵抗測定を行いたいが、その電路を停電して測定することが困難なため、漏えい電流により絶縁性能を確認した。「電気設備の技術基準の解釈」に定める絶緑性能を有していると判断できる漏えい電流の最大値[mA]は。

  • イ. 0.1
  • ロ. 0.2
  • ハ. 1.0
  • ニ. 2.0

問題-26

接地抵抗計(電池式)に関する記述として、誤っているものは。

  • イ. 接地抵抗測定の前には、接地抵抗計の電池容量が正常であることを確認する。
  • ロ. 接地抵抗測定の前には、端子間を開放して測定し、指示計の零点の調整をする。
  • ハ. 接地抵抗測定の前には、接地極の地電圧が許容値以下であることを確認する。
  • ニ. 接地抵抗測定の前には、補助極を適正な位置に配置することが必要である。

指示針の零点調整は3つの端子を短絡させて行います。

問題-27

図の交流回路は、負荷の電圧、電流、電力を測定する回路である。図中にa、b、cで示す計器の組合せとして、正しいものは。

  • イ. a電流計 b電圧計 c電力計
  • ロ. a電力計 b電流計 c電圧計
  • ハ. a電圧計 b電流計 c電力計
  • ニ. a電圧計 b電力計 c電流計

問題-28

電気工事士法に違反しているものは。

  • イ. 電気工事士試験に合格したが、電気工事の作業に従事しないので都道府県知事に免状の交付申請をしなかった。
  • ロ. 電気工事士が電気工事士免状を紛失しないよう、これを営業所に保管したまま電気工事の作業に従事した。
  • ハ. 電気工事士が住所を変更したが、30日以内に都道府県知事にこれを届け出なかった。
  • ニ. 電気工事士が経済産業大臣に届け出をしないで、複数の都道府県で電気工事の作業に従事した。

問題-29

電気工事士法において、一般用電気工作物に係る工事の作業でa、bともに電気工事士でなければ従事できないものは。

  • イ. a: 配電盤を造営材に取り付ける。 b: 電線管を曲げる。
  • ロ. a: 地中電線用の管を設置する。 b: 定格電圧240Vの電力量計を取り付ける。
  • ハ. a: 電線を支持する柱を設置する。 b: 電線管に電線を収める。
  • ニ. a: 接地極を地面に埋設する。 b: 定格電圧125Vの差込み接続器にコードを接続する。

配電盤を造営材に取付ける作業と、電線管を曲げる作業は電気工事士でなければ従事することはできません。

問題-30

低圧の屋内電路に使用する次の配線器具のうち、特定電気用品の適用を受けるものは。ただし、定格電圧、定格電流、使用箇所、構造等すべて「電気用品安全法」に定める電気用品に該当するものとする。

  • イ. カバー付ナイフスイッチ
  • ロ. 電磁開閉器
  • ハ. ライティングダクト
  • ニ. タイムスイッチ

配線図

図は、鉄筋コンクリート造の集合住宅共用部の部分的配線図である。この図に開する次の各問いには4通りの答え(イ、口、ハ、二)が書いてある。それぞれの問いに対して、答えを1つ選びなさい。

【注意】

  • 1. 屋内配線の工事は、動力回路及び特記のある場合を除き600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形(VVF)を用いたケープル工事である。
  • 2. 屋内配線等の電線の本数,電線の太さ、その他, 問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
  • 3. 選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JIS C 0303 : 2000構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
  • 4. ジョイントボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けている。
  • 5. 3路スイッチの記号「0」の端子には、電源側又は負荷側の電線を結線する。

問題-31

①で示す部分に取り付ける分電盤の図記号は。

  • イ. 
  • ロ. 
  • ハ. 
  • ニ. 

問題-32

②で示す部分の配線工事で用いる管の種類は。

  • イ. 波付硬質合成樹脂管
  • ロ. 硬質塩化ビニル電線管
  • ハ. 耐衝撃性硬質塩化ビニル電線管
  • ニ. 合成樹脂製可とう電線管

問題-33

③で示す外灯は、100Wの水銀灯である。その図記号の傍記表示として、正しいものは。

  • イ. N100
  • ロ. H100
  • ハ. M100
  • ニ. W100

問題-34

④で示す図記号の名称は。

  • イ. 非常用照明
  • ロ. 一般用照明
  • ハ. 誘導灯
  • ニ. 保安用照明

問題-35

⑤で示す図記号の器具は。

  • イ. 過負荷警報を知らせるブザー
  • ロ. 確認表示灯付の電磁開閉器用押しボタン
  • ハ. 運転時に点灯する青色のパイロットランプ
  • ニ. 負荷を運転させる為のフロートスイッチ

問題-36

⑥で示す図記号の名称は。

  • イ. 電力計
  • ロ. タイムスイッチ
  • ハ. 配線用遮断器
  • ニ. 電力量計

問題-37

⑦で示す部分の電路と大地間の絶縁抵抗として、許容される最小値[MΩ]は。

  • イ. 0.1
  • ロ. 0.2
  • ハ. 0.4
  • ニ. 1.0

問題-38

⑧で示す部分の最少電線本数(心線数)は。

  • イ. 2
  • ロ. 3
  • ハ. 4
  • ニ. 5

問題-39

⑨で示す部分は引掛形のコンセントである。その図記号の傍記表示として、正しいものは。

  • イ. T
  • ロ. ET
  • ハ. EL
  • ニ. LK

問題-40

⑩で示す引込線取付点の地表上の高さの最低値[m]は。ただし、引込線は道路を横断せず、技術上やむを得ない場合で、交通に支障がないものとする

  • イ. 2.5
  • ロ. 3.0
  • ハ. 3.5
  • ニ. 4.0

道路を横断しない場合の原則は4.0m以上ですが、技術上やむを得ない場合で、交通に支障のない場合にのみ2.5m以上です。

問題-41

⑪で示す図記号の器具は。

  • イ.
  • ロ.
  • ハ.
  • ニ.

問題-42

⑫で示す部分の天井内のジョイントボックス内において、接続工事をリングスリーブで圧着接続した場合のリングスリーブの種類、個数及び接続後の刻印との組合せで正しいものは。ただし、使用する電線はすべてVVF1.6とする。また、写真に示すリングスリーブ中央の○、小、中は接続後の刻印を表す。

  • イ.
  • ロ.
  • ハ.
  • ニ.

問題-43

⑬の部分で、下の写真に示す圧着端子と接地線を圧着接続するための工具として、適切なものは。

  • イ.
  • ロ.
  • ハ.
  • ニ.

問題-44

⑭で示す図記号の器具は。

  • イ.
  • ロ.
  • ハ.
  • ニ.

問題-45

⑮で示す図記号のものは。

  • イ.
  • ロ.
  • ハ.
  • ニ.

問題-46

⑯で示す部分の工事において使用されることのないものは。

  • イ.
  • ロ.
  • ハ.
  • ニ.

銅線電線管(ねじなし電線管)を用いる施工のためイ.リード型ねじ切り器は使用しません。

問題-47

⑰で示すVVF用ジョイントボックス内の接続をすべて差込形コネクタとする場合、使用する差込形コネクタの種類と最少個数の組合せで、適切なものは。ただし、使用する電線はすべてVVF1.6とし、地下1階に至る配線の電線本数(心線数)は最少とする。

  • イ.
  • ロ.
  • ハ.
  • ニ.

問題-48

⑱で示すVVF用ジョイントボックス内の接綬をすべて圧着接続とする楊合、使用するリングスリーブの種類と最少個数の組合せで、適切なものは。ただし、使用する電線はすべてVVF1.6とする。

  • イ.
  • ロ.
  • ハ.
  • ニ.

問題-49

⑲で示す図記号の器具は。

  • イ.
  • ロ.
  • ハ.
  • ニ.

問題-50

この配線図で、使用されていないスイッチは。ただし、写真下の図は、接点の構成を示す。

  • イ.
  • ロ.
  • ハ.
  • ニ.

イ.電磁開閉器用押しボタン
ロ.3路スイッチ
ハ.位置表示灯内臓スイッチ
ニ.確認表示灯内臓スイッチ
それぞれの配線図記号は用語集で解説しております。

【問題-1の解説】

電気はより抵抗の少ないほうへと流れるため、②のような回路となります。
5Ωの抵抗を2つ繋げた並列回路となるため合成抵抗は2.5Ωとなります。

 → 

【問題-10の解説】

a-b間の長さの最大値は分岐した幹線の許容電流Iwを①の過電流遮断器の定格電流IBで割った割合によって次のように決定されます。

(1)35%以上の場合は、8m以下にする。

(2)55%以上の場合は、長さに制限なし。

問題ではIw = 42A、IB = 50Aであることから、42A / 50A = 0.84(84%)のためa-b間の長さに制限はなしになります。


電気工事士試験について
電工試験の虎とは
受験生の主な動き
試験スケジュール
電気工事士試験日程
筆記試験対策
筆記試験対策の使い方
配線図記号
材料及び工具
配線器具
工事の施工方法
法令
複線図
電気の基礎理論
技能試験対策・動画
欠陥事例
複線図の描き方
単位作業
候補問題・動画
工具・部材関連
指定工具
単体工具
工具セット
合格シリーズ
練習用キット
工具の使い方・動画