電工試験の虎

筆記試験対策

TOP

工事の施工方法①

工事の施工方法①-1

特別な場合を除き、住宅の屋内電路に使用できる対地電圧の最大値[V]は。

  • イ 100
  • ロ 150
  • ハ 200
  • ニ 250

解答・解説

 150

住宅の対地電圧は原則として150V以下に制限されています。

工事の施工方法①-2

使用電圧100[V]の屋内配線の施設場所による工事の種類として適切なものは。

  • イ 点検できない隠ぺい場所であって、乾燥した場所の金属線ぴ工事
  • ロ 点検できる隠ぺい場所であって、湿気の多い場所の平形保護層工事
  • ハ 点検できる隠ぺい場所であって、湿気の多い場所の金属ダクト工事
  • ニ 点検できる隠ぺい場所であって、乾燥した場所のライティングダクト工事

解答・解説

 点検できる隠ぺい場所であって、乾燥した場所のライティングダクト工事

金属線ぴ工事・平形保護層工事・金属ダクト工事・ライティングダクト工事は点検できる隠ぺい場所であり乾燥した場所にしか施工できません。
人が触れる危険性や湿気の耐性を考慮して覚えましょう。
また、点検できる隠ぺい場所とは押入れなど、容易に電気設備に近づき点検できる場所を指します。
点検できない隠ぺい場所とは、壁内など工作物を壊さなければ近づけない、点検できない場所を指します。

工事の施工方法①-3

使用電圧100[V]の低圧屋内配線工事で不適切なものは。

  • イ ケーブル工事でビニル外装ケーブルとガス管が接触しないように施設した。
  • ロ フロアダクト工事で、ダクトの長さが短いのでD種接地工事を省略した。
  • ハ 金属管工事で、ワイヤラス張りの貫通箇所のワイヤラスを十分に切り開き、貫通部分の金属管を合成樹脂管に収めた。
  • ニ 合成樹脂管工事で、その間の支持点間の距離を1.5[m]とした。

解答・解説

 フロアダクト工事で、ダクトの長さが短いのでD種接地工事を省略した。

フロアダクト工事ではD種接地工事を必ず行わなければいけません。
いかなる場合も省略の規定はありません。

  • イ … ケーブルは水道管・ガス管・弱電流電線(電話線など)と接触してはいけません。
  • ハ … 金属管とメタルラスが電気的につながらないよう、貫通部分は合成樹脂管に収めます。
  • ニ … 支持点間の距離を1.5m以下にします。サドルを用いて支持します。

工事の施工方法①-4

使用電圧100[V]の屋内配線で、湿気の多い場所における工事の種類として不適切なものは。

  • イ 点検できない隠ぺい場所で、防湿装置を施した金属管工事
  • ロ 点検できない隠ぺい場所で、防湿装置を施した合成樹脂管工事(CD管を除く)
  • ハ 展開した場所で、ケーブル工事
  • ニ 展開した場所で、金属線ぴ工事

解答・解説

 展開した場所で、金属線ぴ工事

金属管工事・合成樹脂管工事(CD管を除く)・ケーブル工事には施工場所に制限がありません。
金属線ぴ工事は乾燥した場所に施工可能です。
ちなみに「金属ダクト工事」は湿気の多い場所には施工できません。
金属管工事との違いを合わせて覚えましょう。

一種金属線ぴ

工事の施工方法①-5

単相100[V]の屋内配線工事における絶縁電線相互の接続で不適切なものは。

  • イ 絶縁電線の絶縁物と同等以上の絶縁効力のあるもので十分被覆した。
  • ロ 電線の引張強さが15[%]減少した。
  • ハ 終端部を圧着接続するのにリングスリーブE形を使用した。
  • ニ 電線の電気抵抗が10[%]増加した。

解答・解説

 電線の電気抵抗が10[%]増加した。

絶縁電線相互の施工では電線の電気抵抗を増加させてはいけません。
引張強さは20%以上減少させてはいけませんが20%を下回る場合、適切です。

工事の施工方法①-6

100[V]の低圧屋内配線にビニル平形コード(断面積0.75[㎜²])を絶縁性のある造営材に適当な留め具で取り付けて施設することができる場所または箇所は。

  • イ 乾燥した場所に施設し、かつ内部を乾燥状態で使用するショウウインドウ内の外部から見えやすい場所
  • ロ 木造住宅の人の触れるおそれのない点検できる押入れの壁面
  • ハ 木造住宅の人の触れるおそれのない点検できる天井裏
  • ニ 乾燥状態で使用する台所の床下収納庫

解答・解説

 乾燥した場所に施設し、かつ内部を乾燥状態で使用するショウウインドウ内の外部から見えやすい場所

コードを使用し造営材に接触して施工する配線工事は一般配線工事に比べ安全性が劣るため通常認められません。しかし、乾燥した場所で外部から見えやすいショウケース・ショウウィンドウに限ってコードを増営材に固定することができます。

工事の施工方法①-7

同一敷地内の車庫へ使用電圧100[V]の電気を供給するための低圧屋側配線部分の工事として不適切なものは。

  • イ 600V架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(CV)によるケーブル工事
  • ロ 硬質塩化ビニル電線管(VE)による合成樹脂管工事
  • ハ 1種金属製線ぴによる金属線ぴ工事
  • ニ 600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形(VVR)によるケーブル工事

解答・解説

 1種金属製線ぴによる金属線ぴ工事

屋側とは家屋・建物の側面を指します。
水、湿度などの影響を受けやすい場所であるため、絶縁電線を密閉できる工事に限ります。
使用電圧100[V]の低圧屋側配線はがいし引き工事、合成樹脂管工事、金属管工事、ケーブル工事、バスダクト工事が施工できます。
金属線ぴ工事、金属ダクト工事は湿度を完全に遮断できないため施工できません。

工事の施工方法①-8

単相3線式100V/200V屋内配線工事で不適切な工事方法は。
ただし、使用する電線は600Vビニル絶縁電線、直径1.6[㎜]とする。

  • イ 同じ径の硬質塩化ビニル電線管(VE)2本をTSカップリングで接続した。
  • ロ 合成樹脂製可とう電線管(PF管)内に、電線の接続点を設けた。
  • ハ 合成樹脂製可とう電線管(CD管)を直接コンクリートに埋め込んで施設した。
  • ニ 金属管を点検できない隠ぺい場所で使用した。

解答・解説

 合成樹脂製可とう電線管(PF管)内に、電線の接続点を設けた。

PF管の内部に電線の接続点を設けることは禁止されています。

  • イ … VE管を接続するにはTSカップリングを用います。
    カップリングがなくとも、片側の管を熱で軟化させておいて径を拡張して、もう片方の管を差し込む方法でも接続できます。
  • ハ … CD管はPF管と異なり、コンクリートに埋没して用います。
  • ニ … 金属管工事・ケーブル工事・合成樹脂管工事(CD管を除く)・2種金属管可とう電線管工事は点検できない隠ぺい場所で施工できます。

工事の施工方法①-9

湿気の多い展開した場所の単相3線式100/200V屋内配線工事として、不適切なものは。

  • イ 合成樹脂管工事
  • ロ 金属ダクト工事
  • ハ 金属管工事
  • ニ ケーブル工事

解答・解説

 金属ダクト工事

絶縁電線に結露など水滴がつくと漏電につながるおそれがあります。
金属ダクト工事、金属線ぴ工事は湿気の多い場所には施工できません。

合成樹脂管工事(CD管を除く)・金属管工事・ケーブル工事は湿気を遮断できるため施工場所の制限がありません。

工事の施工方法①-10

単相3線式100/200[V]屋内配線の住宅用分電盤の工事を施工した。不適切なものは。

  • イ ルームエアコン(単相200[V])の分岐回路に2極1素子の配線用遮断器を取り付けた。
  • ロ 電熱器(単相100[V])の分岐回路に2極2素子の配線用遮断器を取り付けた。
  • ハ 主開閉器の中性極に銅バーを取り付けた。
  • ニ 電灯専用(単相100[v])の分岐回路に2極1素子の配線用遮断器を用い、素子の無い極に中性線を結線した。

解答・解説

 ルームエアコン(単相200[V])の分岐回路に2極1素子の配線用遮断器を取り付けた。

単相3線式 200Vの分岐回路に使用する配線用遮断器は3極2素子もしくは3極3素子のものを使用します。
対地電圧が150V以下の単相2線式の屋内配線では2極1素子もしくは2極2素子の配線用遮断器を使用します。

工事の施工方法①-11

単相3線式100/200Vの屋内配線工事で漏電遮断器を省略できないものは。

  • イ 簡易接触防護措置を施していない(人が容易に触れるおそれがある)場所に施設するライティングダクトの電路
  • ロ 小勢力回路の電路
  • ハ 乾燥した場所の天井に取り付ける照明器具に電気を供給する電路
  • ニ 乾燥した場所に施設した、金属製外箱を有する使用電圧200[V]の電動機に電気を供給する電路

解答・解説

 簡易接触防護措置を施していない(人が容易に触れるおそれがある)場所に施設するライティングダクトの電路

ライティングダクトに簡易接触防護措置を施していない場合には漏電遮断器の設置を省略することはできません。
乾燥した場所で使用、もしくは対地電圧150V以下の電路で漏電遮断器の施設を省略できます。
漏電遮断器は金属外箱を有する使用電圧が60Vを超える金属器具に接続する電路に施設します。小勢力回路は使用電圧が60V以下であるため、施設する必要がありません。
[ハ]、[ニ]においては乾燥した場所で施設されているため省略できます。

工事の施工方法①-12

低圧屋内配線の金属可とう電線管(2種金属製可とう電線管)工事で不適切なものは。

  • イ 管とボックスとの接続にストレートボックスコネクタを使用した。
  • ロ 管の内側の曲げ半径を管の内径の6倍以上とした。
  • ハ 管内に屋外用ビニル絶縁電線(OW)を収めた。
  • ニ 管と金属管(鋼製電線管)との接続にコンビネーションカップリングを使用した。

解答・解説

 管内に屋外用ビニル絶縁電線(OW)を収めた。

屋外用ビニル絶縁電線(OW)を電線管に収めて使用することは禁じられています。

絶縁電線でOW以外の電線は電線管に収めて使用することができます。

工事の施工方法①-13

600Vビニル絶縁シースケーブル平形1.6[㎜]を使用した低圧屋内配線工事で、絶縁電線相互の終端接続部分の絶縁処理として不適切なものは。
ただしビニルテープはJISに定める厚さ約0.2[㎜]の絶縁テープとする。

  • イ リングスリーブにより接続し、接続部分をビニルテープで半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。
  • ロ リングスリーブにより接続し、接続部分を黒色粘着性ポリエチレン絶縁テープ(厚さ約0.5[㎜])で半幅以上重ねて2回(4層)巻いた。
  • ハ リングスリーブにより接続し、接続部分を自己融着性絶縁テープ(厚さ約0.5[㎜])で半幅以上重ねて1回(2層)巻き、さらに保護テープ(厚さ約0.2[m])を半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。
  • ニ 差込形コネクタにより接続し、接続部分をビニルテープで巻かなかった。

解答・解説

 リングスリーブにより接続し、接続部分をビニルテープで半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。

リングスリーブで電線を接続した場合、接続部分を絶縁電線の絶縁物と同等以上の絶縁効果のあるもので被覆しなければいけません。
1.6mmの絶縁電線の外装被覆の厚みは0.8mmです。ビニルテープの厚みは0.2mmなので接続部分を半幅以上重ねて2回以上(4層以上)巻かなければいけません。
差込形コネクタによる接続では、ビニルテープを巻く必要はありません。

工事の施工方法①-14

使用電圧200[V]の三相電動機回路の施工方法で不適切なものは。

  • イ 金属管工事に屋外用ビニル絶縁電線を使用した。
  • ロ 造営材に沿って取り付けた600Vビニル絶縁ビニルシースケーブルの支持点間の距離を2[m]以下とした。
  • ハ 乾燥した場所の金属管工事で管の長さが3[m]なので金属管のD種接地工事を省略した。
  • ニ 2種金属製可とう電線管を用いた工事に600Vビニル絶縁電線を使用した。

解答・解説

 金属管工事に屋外用ビニル絶縁電線を使用した。

金属管工事には屋外用ビニル絶縁電線(OW)は使用できません。
その他、2種金属製可とう電線管工事にも屋外用ビニル絶縁電線は使用できません。

▶ 次の問題へ


電気工事士試験について
電工試験の虎とは
受験生の主な動き
試験スケジュール
電気工事士試験日程
筆記試験対策
筆記試験対策の使い方
配線図記号
材料及び工具
配線器具
工事の施工方法
法令
複線図
電気の基礎理論
技能試験対策・動画
欠陥事例
複線図の描き方
単位作業
候補問題・動画
工具・部材関連
指定工具
単体工具
工具セット
合格シリーズ
練習用キット
工具の使い方・動画