複線図の描き方



 
  • 初級編1-1の描き方が基本となります。

    1.接地側はコンセントと負荷(電灯など)につなぐ → 白線

    2.非接地側はコンセントとスイッチにつなぐ   → 黒線

    3.スイッチから対応する負荷(電灯など)につなぐ → 色の指定なし

  • 初級編1

  • 単線図と同じレイアウトで器具を配置します。

  • 1.接地側はコンセントと負荷(電灯など)につなぐ

    白丸が接地側です。
    この時、円を通るように線をつなぎ、線が交わる個所を黒く塗りつぶします。
    この点を接続点と呼び、線同士を接続する個所になります。

  • 2.非接地側はコンセントとスイッチにつなぐ

    黒丸が非接地側です。
    接続点を忘れずに描きます。

  • 3.スイッチから対応する負荷(電灯など)につなぐ

    1本の線ではなく、円に対して上下に配置された各器具から伸びる線が接続されます。
    接続点を忘れないようにしましょう。
    これにて、回路は完成です。

  • 1.接地側はコンセントと負荷(電灯など)につなぐ → 白線

    2.非接地側はコンセントとスイッチにつなぐ   → 黒線

    3.スイッチから対応する負荷(電灯など)につなぐ → 色の指定なし


    電線の色を指定します。
    電源から直接つながる線は、上記の通り定められた色の電線を用いなければなりません。

  • 1.接地側はコンセントと負荷(電灯など)につなぐ → 白線

    2.非接地側はコンセントとスイッチにつなぐ   → 黒線

    3.スイッチから対応する負荷(電灯など)につなぐ → 色の指定なし

     

    同ケーブル内で片側の電線の色が既に使われているときは、もう片方の電線を使います。

  • ケーブルの種類と圧着マークを描き、複線図完成です。

  • 初級編1-1より器具の数が増加し、わたり線や3芯線が登場しています。
    電線の色を決める際の決まりに注意して進めましょう。

  • 初級編1-2

  • 単線図と同じレイアウトで器具を配置します。

  • 1.接地側はコンセントと負荷(電灯など)につなぐ → 白線

    2.非接地側はコンセントとスイッチにつなぐ   → 黒線

    3.スイッチから対応する負荷(電灯など)につなぐ → 色の指定なし

     

    スイッチと器具が増えましたが、初級編1-1と同じ手順で回路を完成させます。

  • 1.接地側はコンセントと負荷(電灯など)につなぐ → 白線

    2.非接地側はコンセントとスイッチにつなぐ   → 黒線

    3.スイッチから対応する負荷(電灯など)につなぐ → 色の指定なし

     

    ロのスイッチは胃のスイッチを経由して写真のようにつなぎます。
    電源と直接つながっているため、必ず黒線を用います。
    この線を「わたり線」と呼びます。

  • 1.接地側はコンセントと負荷(電灯など)につなぐ → 白線

    2.非接地側はコンセントとスイッチにつなぐ   → 黒線

    3.スイッチから対応する負荷(電灯など)につなぐ → 色の指定なし

     

    赤い円で囲った3本線はVVF1.6-3Cを用います。
    電源と直接つながっていない線は色の指定がありません。
    残った色から選択してください。
    ()内の色の組み合わせでも正解です。

  • ケーブルの種類と圧着マークを描き、複線図完成です。