電気工事士試験について

第二種電気工事士について

電気工事士試験は、電気工事の作業に従事できる資格である電気工事士の試験です。
電気工事士は第一種、第二種があり、作業に従事できる範囲が異なります。
 
第一種  第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できます。
第二種  一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。
 
試験は筆記試験・技能試験から構成され、筆記試験に合格することで技能試験への受験資格が与えられます。
詳しくは 電気技術者試験センターのWebサイトをご確認ください。
下記動画で試験の対策方法についてもご紹介しています。

【電工試験とは?】

【筆記試験とは?】

【技能試験とは?】

試験スケジュール


※詳しい日程等は試験センターへお問い合わせください。

おすすめ対策スケジュール

筆記試験対策

表は横にスクロールできます

  目指せ高得点!
特別コース
目指せ合格点!
標準コース
まだ間に合う!
追い上げコース
筆記試験
3か月前
配線図記号①~⑤ 配線図記号①~⑤  
材料及び工具①~⑤
工事の施工方法①~④
法令
過去問対策初級編 材料及び工具①~⑤
筆記試験
2か月前
複線図
過去問中級編
配線器具①~③ 配線器具①~③
電気の基礎理論 工事の施工方法①~④
筆記試験
1か月前
過去問対策上級編 配線図記号①~⑤
材料及び工具①~⑤
過去問対策 工事の施工方法①~④
法令 法令
複線図 過去問初級編対策
電気の基礎理論 配線器具①~③
筆記試験
直前
試験会場や持ち物の確認 試験会場や持ち物の確認 過去問上級編対策
試験当日の流れの確認 試験当日の流れの確認 試験会場や持ち物の確認
筆記試験当日

技能試験対策